Week:28 27.08.2006 at 00:35 Comment(4) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
Dragon and Organ
天井
皆様お疲れ様です。

いつも拙文に目を通して頂きありがとうございます。今週の進捗をお伝えします。以下、進捗状況です。
  1. マキナの部屋背景合成・・・完了。
  2. PinkDのサロン・・・モデリング完了。ライティングを一部修正中。詳細は今週の掲載画像の項(注1)で説明。
  3. PinkDの玉座・・・一時中断。引き続きテクスチャーマッピングのチェック段階。
  4. リフト制作・・・一時中断。
サロンの造形が予定より早く終了したので、次週からサロン部分の背景合成に入ります。サロンのシーンはアクションシーンや特殊効果を使うシーンが多いので、3段階に分けて制作します。
  1. まずは特殊効果の少ない会議のシーンに着手。
  2. オルガン対ドラゴンのアクションシーン。
  3. 複数のチャクラム対オルガン、ドラゴンのアクションシーン。特殊効果はかなり多いです。

9月中旬までに1と2を消化する心構えで制作を進めます。それと並行して現在中断している巨大リフトと該当するシーンの背景合成を進行。ここを乗り越えれば全体の分量としては半分近く完了です。9月はかなりキーポイントとなるので気を引き締めて作業に打ち込みたいと思います。

今回掲載の画像は2枚ともサロンがらみのもの。天井の赤い部分はステンドグラスで頭上からの光を取り込めるようになっています。(注1)サロンの照明には拡散光とスポットライトの2種類を使用。拡散光とは蛍光灯のように全体をくまなく照らす光のこと。それに対してスポットライトは被写体一点に集中する光です。拡散光だと全体が明るくなりますがテクスチャーの細部がつぶれてしまい立体感が出づらい。スポットライトだと立体感は出るが光が当たっていないところが影になりつぶれてしまう。現在、壁の部分にはスポットライトが当たり陰影がついていますが、床面には拡散光を使っているためどうも薄っぺらな印象。悩みどころですが、ライティングの微調整で何とか折衷していきます。(鈴木豪)
Week:27 20.08.2006 at 04:51 Comment(4) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD皆様お疲れ様です。

今週のPinkD制作進捗をお伝えします。同時進行の課題が増えてきたので、読みやすくするため今回から目下の課題とその進行状況を箇条書きにします。
  1. マキナの部屋背景合成・・・部屋のインテリアを一つ追加合成して完了。
  2. PinkDサロン制作・・・ゲートにつけるドラゴンとオルガンのマークを制作中。
  3. PinkDの玉座・・・ほぼ完成。テクスチャーマッピングのチェック段階。
  4. 巨大リフト制作・・・内部ボタンなどの小物を制作中。
サロンの方ががリフトより先に完成しそうなので、背景合成の兼ね合いもあり次週はサロンの制作に力を入れていきます。

今回掲載の写真はトカゲの玉座に座るPinkD(伊藤ゆきえ)です。冷徹な悪の女王PinkDはこの玉座ごと部屋間を移動します。PinkDを演じられる伊藤さんは気迫に満ちた演技をされる方で、当初からPinkDには伊藤さんをイメージキャスティングしていました。そして画面に登場したPinkDは僕の予想を大幅に上回るパワフルな悪役でした!(鈴木豪)
Week:26 13.08.2006 at 01:06 Comment(4) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
上空からの配置図
Dragn and Organ
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。まず背景合成についてはナデの部屋が終了。マキナの部屋の合成は繰り越してしまいました。今回、PinkDの城内にあるサロンの制作に力を入れて作業を進めました。大体の作りは出来たので、あとは小物やゲートの鉄扉部分、照明の調整がメインになります。

今週の画像は2枚ともPinkDのサロン画像です。PinkDのサロンは9つの面を持つ多角形になっていてその内8つのゲートから幹部や構成員が出入りします。それぞれのゲートの上には各幹部(オルガン、ドラゴン他)の紋章がつくことになります。なぜ9面体なのかと言うとPinkDは数秘学に傾倒しているため城内の内装にも多くの数字を取り入れているのです。特に9という数字は"全能なるもの"という意味を持っているのでPinkDは重要な部屋には必ず9を使っています。また城内に使われるテクスチャーは主に爬虫類の皮膚をモチーフにしていますが、これは企画当初、PinkDをトカゲの顔を持つ女王として設定していたことに由来します。PinkDの城もまた巨大なトカゲの形をしていて街の中央にそびえ立っています。

CG制作もスピードがついてきたので、次週からはN地区とS地区をつなぐ巨大リフトの内部制作に力を入れる予定です。実は形としてはもう出来ているのですが、水中のモチーフを使うため見せ方に工夫が必要なため少し時間がかかりそうです。次週は今週残ってしまったマキナの室内合成も仕上げる予定です。(鈴木豪)
Week:25 06.08.2006 at 00:14 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
幹部の席皆様お疲れ様です。
今週の進捗をお伝えします。
合成作業は進み、シーン28〜31屋外シーンは完了。
マキナの部屋、ナデの部屋の背景合成は合わせて2カットを残すのみとなりました。
現在は今までのカットをチェックしながらPinkDの城内の設計および、
該当するシーンのマスク抜きを開始しています。
ここでスピードアップしてアクション合成に使う時間を確保したいところです。
掲載写真はPinkDのサロンの試作です。
PinkDのサロンとはPinkDをはじめ幹部たちが会議や情報交換をする多目的ホールです。
サロンはコロシアム型のホールになっており、幹部それぞれに入場ゲートが振り分けられています。
写真の玉座はPinkDの玉座で爬虫類がモチーフ。
まだ試作の段階ですが、最終的には玉座の周辺を柱や屋根で取り囲む予定です。
(鈴木豪)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。