Week:45 24.12.2006 at 23:05 Comment(4) | TrackBack(0) | Editing Add Comment


PinkD
皆様お疲れ様です。

おかげさまで「PinkD」制作も一旦は落ち着いている状態です。今週は羽柴さんへのテープ受け渡しが延びているので(師走の真っ只中にすみません、羽柴さん)その時間を使いいくつかの追加カットを増やしました。登場人物の一人称の視線ショットがそのひとつ。マキナが面接室に向かうところにインサートしました。それほど重要なものではないように見え、観客の感情移入には重要なものです。その他、大きなところではPinkDのサロンの真上からのカットを追加しました。ほんの少しではありますが、スケール感が増したように思われます。

それでは皆様、風邪などひかぬようにメリークリスマス!(鈴木豪)
Week:44 17.12.2006 at 13:52 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment


PinkD
皆様お疲れ様です。

今週は作業も一段落ということで、タイムライン上の修正を行いました。90分の尺がほぼ決まり、その中でさらに微調整です。途中、機材トラブルがあったため、自分の中で納得の行くまで確認がとれておらず、羽柴さんにはテープをお渡しするまで、もう数日猶予を頂きました。申し訳ございません!

今回の画像は尺直しをしたカットよりS地区とB地区を収納するピラミッド型コンテナからマキナを乗せたロケット上の護送艦が出港する瞬間。この護送艦は静かに空中を移動し、コンテナからコンテナへと囚人を運びます。(鈴木豪)
Week:43 10.12.2006 at 07:19 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。まず、映像素材を音楽の羽柴さんにお渡しする日程が決まりましたのでそれに向け、細部の手直しを加えるという作業をメインに行っています。いくつかの特殊効果の部分とナレーションがかかる部分の実景(人物が入らないCG部分)の尺直しがメイン作業となります。全体尺は当初の90分を目安に作っていますが、実景カットの長さにより1分程度の誤差は出るかもしれません。

今回、オープニングもある程度の形にしてみました。「PinkD」ではPinkDたちの会議のシーンを導入部にしてオープニングクレジットに入ります。オープニングは白い背景をメインに主要人物が各自ポーズをとるというもの。70〜80年代のコメディ映画などにはオープニングまたはエンディングでのキャラクター紹介はよくありましたが、キャラクターたちがこれからどう活躍するのかと胸はずませたものです。オープニングを作るにあたり子どもの頃にコメディ映画を見ていたころの気持ちを思い出してみました。メル・ブルックス、ブレイク・エドワーズ、そしてもちろんマイケル・ホイ!彼らのコメディを見た後、幸せな気持ちになれるのはなぜか。それはきっとオープニングで世界観を凝縮して見せる力に長けていたことでしょう。オープニングはこれから始まる映画がどれだけ楽しい時間を与えることができるかをプレゼンする大切な時間。オープニングに出てくる人物がどれだけニコニコしているか、どれだけすかしているかで映画の印象が決まるとも思います。この映画が多くの人に幸せな時間を提供できるように。そんな気持ちでオープニングを作っています。

ということで今回の画像はオープニングからの3枚。特にドラゴンは棒術を使うため何回も撮影させていただきました。上田さん、素敵な笑顔ありがとう!(鈴木豪)
Week:42 03.12.2006 at 07:18 Comment(3) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD皆様お疲れ様です。

背景合成も一通り完了し、現在タイムライン上のレンダリングをしつつ合成部分の修正を行っています。なかなか手間がかかり作業が遅れています。予定より一週間ほど遅れそうです。

作業の内容はつながりの悪い部分を直したり、地味なカットに特殊効果を加えスペクタクル色を強くするといったことが作業のメインとなります。次週も引き続き作業に取り組みます。音楽関係の作業は完全に尺が固まってから動くことになります。

さて、合成作業を振り返ると「PinkD」全体のOKカット数は未使用カットも含め731ありました。その中で合成を加えたカットは518。これだけ合成しまくっている映画もなかなかないんじゃないかと思います。そして出来上がった作品が荒唐無稽なアクションコメディだなんて痛快な話ですよね!現場の熱気がその選択肢を与えてくれたと僕は思っています。キャスト、スタッフの皆様、去年の今ごろは本当にありがとうございました!

今回の画像はPinkDの間のドラゴンとオルガン。何をしているところかは作品を見てのお楽しみということで。(鈴木豪)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。