Week:36 21.10.2006 at 23:44 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。詳細は以下の通りとなります。
  1. PinkDの間の背景合成に着手・・・PinkDの間のCGが完成したので人物をはめこみ始めました(現在2カット完了)
  2. S地区でのアクションシーンに伴う背景制作作業と合成・・・シーン19をいったん修正中。
今週はいよいよクライマックスの背景合成に着手し始めました。まだ始まったばかりなので人物と背景の違和感がないか試行錯誤を繰り返しています。ポイントをつかんだらその勢いを活かしてダッシュです。アクションシーンの合成は少しずれこんでいます。先日、シーン19(オルガンVS兵士のアクション)をつないだものを流して見たところ、エッジの荒い部分が多かったので再調整をすることにしました。シーン25も少し色調が暗かったので再度調整します。

次週は以下の項目を目標とします。少し内容としては多めなのですが、ここは少し無理をしてでもこなしたいと思います!
  1. PinkDの間の特殊効果以外の部分の完了
  2. シーン19およびシーン25の完了
  3. その他アクションシーン2箇所をできるかぎり進める
今回掲載の画像はクライマックスのPinkDの間より2カット。写真1はオルガンたちの頭上に現れる巨大な顔、その目のどアップ。爬虫類の目です。写真2はPinkDに突進するオルガンとドラゴン。二人の後ろにうっすらと見える街の夜景は縦1400x横1700のバカでかい画像をテクスチャーしたもの。この大きさで、やっとのことノイズを軽減できました。(鈴木豪)
この記事へのコメント
巨大な顔、怖いッスねぇ〜、
だからこそ、場が引き締まるんでしょう!
かっこいいです。
それにしても、デッカイ背景ですね、
でも、シェーディングノイズは、
3Dやってても、レンダリングの仕様によっては、
いつも、大問題です(汗
Posted by うっかりはちべぇ at 2006年10月22日 00:59
>はちべえさん

作業中は液晶モニターで行い、
映像が出来たらCRTモニターで確認するようにしてます。
上映する環境によって色々欠点があるというのには悩まされます。グラデーションを使うときに色の階調が段々畑になるのも怖いですよね。

Posted by opballet at 2006年10月28日 03:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。