Week:50 05.02.2007 at 01:48 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えいたします。ひとまず尺ははっきりしているので、あとは今ある映像を着実にブラッシュアップしていくのみです。ちょっとしたノウハウなんですが、動画はよく見るとチラチラ動く粒子によって被写体が形作られており,動画を静止画の連続として考えると1枚たりとも同じ画はありません。よって、完全な静止画を背景にすると人物が写真の前で動いているように見えてしまいます。静止画は粒子も動きませんからね。

そこで、考案した方法はグリーンバックを延々と映した動画を静止画の背景の上に予め合成しておくというもの。(それが常識でしたらごめんなさい!)すると、静止画にも上手く粒子が乗り人物と背景がよく馴染みます。この方法を取り入れたのが作業半ばだったので、シーンによって合成の質がよくない(と、僕が思う)部分があります。今後の作業をひとことでいうと全体の質の均一化といえます。そしてより高いレベルの創造へ・・・。なにかのコマーシャルみたいな標語ですね。

今週の画像です。S地区の夜明け・・太陽が昇る数秒前です。(鈴木豪)
Week:49 28.01.2007 at 21:14 Comment(0) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えいたします。今回はカットの細かい修正を行いました。カット尻を数秒縮めたり伸ばしたりといった具合で作業が進みました。これで、修正に関しては一区切りついたのではないでしょうか。後半のモタつきが解消されたので有意義な修正だったと思います。前半はサスペンスフルに、後半はとにかく派手な仕上がりです。

それでは今週の画像です。前回追加したDの間につながる階段のシーン。球状の物体の中にDの間があり、オルガンたちが階段をせっせと駆け上がっています。(鈴木豪)
Week:48 22.01.2007 at 00:47 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えいたします。今回でほぼ追加のカットは制作が完了です。追加したカットは
  1. ニュースで流れる人工受精室の様子(今回追加した中では一番長いシーンです。)
  2. PinkDのサロンでのマキナのカット(実際は用意されていなかったカットですがオルガンと行動を共にするマキナを印象づけるために挿入しました。)
  3. PinkDの城の前での爆発
  4. ホールからDの間に続く長い階段をオルガンたちが駆け上るシーン(クライマックスに向け、こういうシーンがないと淡々としてしまいますよね。)
  5. クライマックスに一部追加
他にも細かい追加カットはありますが、細かすぎるのでここでは割愛します。前回、プレビューの時の問題点は後半のオルガンたちが突入してからの散漫な印象はほぼ克服されたと思います。ですが、最初から最後まで何度か観ないと結果が分からないのが長編の怖い所。別の問題が出てくるやもしれないので、まだ気は抜けません!

それでは今週の画像です。1枚目はPinkDのサロン内のマキナ。実はここに出てくるマキナは使用されなかったシーンからの流用です。できるかぎりシーンにあった動きをするマキナを抽出しました。

2枚目は人工授精室。追加する必要性が最もあるシーンでした。前回はサラッと流していたのですが、S地区の冷たさを伝えるシーンとしてビジュアルで表しました。赤いカプセル群の中に選ばれた男性が入り、手術を受けます。カプセルの上を浮遊している光は手術用のメスです。(鈴木豪)
Week:47 14.01.2007 at 01:34 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment


PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えいたします。今回は緩やかな進行状況なのですが、画質チェックをメインに行いました。

まず、本編をビデオにおこしテレビ画面で全体を確認してみることにしました。テレビ画面だと液晶より明るく見え、かつ液晶で見えたアラが見えなかったり反対に液晶で気づかなかったアラが見えたりと非常に勉強になります。大画面で見るとまた別の問題点があがってくると思いますが、あらゆる状況に対応できるよう音楽がついた時点でスクリーンプロジェクターを使った実験も行ってみたいと思います。

編集に関しては人物の移動シーンで誰がどこに移動しているか分かりづらい部分を修正して蛇足なカットをシェイプアップ。そして短くなった部分に追加カットをいれます。これらは街の外観とアクションシーンがメインになります。追加部分に関しては次回お伝えします。

今回の画像はS地区に向かうマキナを乗せたリフト。リフトの根元の赤いモヤモヤがS地区。S地区は崖に囲まれ脱出は不可能です、(鈴木豪)
Week:46 09.01.2007 at 01:22 Comment(5) | TrackBack(0) | Editing Add Comment


PinkD
皆様あけましておめでとうございます。

新年を迎え「PinkD」を世に出す準備にもとりかからねばなりません。今、現在できているものをプレビューしてみると、老若男女を選ばず楽しめる映画ではないかと思います。監督クニシと今年に入りプレビューを行い、少し分かりづらい部分があるため修正を加えることにしました。今週はその修正部分(アクション部分に入る前のタメ、実景)を作成しました。全て数秒のカットですが、とてもとても重要です。次週も引き続き修正作業の予定。

それでは、本年こそ完成披露をいたします!皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。(鈴木豪)
Week:45 24.12.2006 at 23:05 Comment(4) | TrackBack(0) | Editing Add Comment


PinkD
皆様お疲れ様です。

おかげさまで「PinkD」制作も一旦は落ち着いている状態です。今週は羽柴さんへのテープ受け渡しが延びているので(師走の真っ只中にすみません、羽柴さん)その時間を使いいくつかの追加カットを増やしました。登場人物の一人称の視線ショットがそのひとつ。マキナが面接室に向かうところにインサートしました。それほど重要なものではないように見え、観客の感情移入には重要なものです。その他、大きなところではPinkDのサロンの真上からのカットを追加しました。ほんの少しではありますが、スケール感が増したように思われます。

それでは皆様、風邪などひかぬようにメリークリスマス!(鈴木豪)
Week:44 17.12.2006 at 13:52 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment


PinkD
皆様お疲れ様です。

今週は作業も一段落ということで、タイムライン上の修正を行いました。90分の尺がほぼ決まり、その中でさらに微調整です。途中、機材トラブルがあったため、自分の中で納得の行くまで確認がとれておらず、羽柴さんにはテープをお渡しするまで、もう数日猶予を頂きました。申し訳ございません!

今回の画像は尺直しをしたカットよりS地区とB地区を収納するピラミッド型コンテナからマキナを乗せたロケット上の護送艦が出港する瞬間。この護送艦は静かに空中を移動し、コンテナからコンテナへと囚人を運びます。(鈴木豪)
Week:43 10.12.2006 at 07:19 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。まず、映像素材を音楽の羽柴さんにお渡しする日程が決まりましたのでそれに向け、細部の手直しを加えるという作業をメインに行っています。いくつかの特殊効果の部分とナレーションがかかる部分の実景(人物が入らないCG部分)の尺直しがメイン作業となります。全体尺は当初の90分を目安に作っていますが、実景カットの長さにより1分程度の誤差は出るかもしれません。

今回、オープニングもある程度の形にしてみました。「PinkD」ではPinkDたちの会議のシーンを導入部にしてオープニングクレジットに入ります。オープニングは白い背景をメインに主要人物が各自ポーズをとるというもの。70〜80年代のコメディ映画などにはオープニングまたはエンディングでのキャラクター紹介はよくありましたが、キャラクターたちがこれからどう活躍するのかと胸はずませたものです。オープニングを作るにあたり子どもの頃にコメディ映画を見ていたころの気持ちを思い出してみました。メル・ブルックス、ブレイク・エドワーズ、そしてもちろんマイケル・ホイ!彼らのコメディを見た後、幸せな気持ちになれるのはなぜか。それはきっとオープニングで世界観を凝縮して見せる力に長けていたことでしょう。オープニングはこれから始まる映画がどれだけ楽しい時間を与えることができるかをプレゼンする大切な時間。オープニングに出てくる人物がどれだけニコニコしているか、どれだけすかしているかで映画の印象が決まるとも思います。この映画が多くの人に幸せな時間を提供できるように。そんな気持ちでオープニングを作っています。

ということで今回の画像はオープニングからの3枚。特にドラゴンは棒術を使うため何回も撮影させていただきました。上田さん、素敵な笑顔ありがとう!(鈴木豪)
Week:42 03.12.2006 at 07:18 Comment(3) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD皆様お疲れ様です。

背景合成も一通り完了し、現在タイムライン上のレンダリングをしつつ合成部分の修正を行っています。なかなか手間がかかり作業が遅れています。予定より一週間ほど遅れそうです。

作業の内容はつながりの悪い部分を直したり、地味なカットに特殊効果を加えスペクタクル色を強くするといったことが作業のメインとなります。次週も引き続き作業に取り組みます。音楽関係の作業は完全に尺が固まってから動くことになります。

さて、合成作業を振り返ると「PinkD」全体のOKカット数は未使用カットも含め731ありました。その中で合成を加えたカットは518。これだけ合成しまくっている映画もなかなかないんじゃないかと思います。そして出来上がった作品が荒唐無稽なアクションコメディだなんて痛快な話ですよね!現場の熱気がその選択肢を与えてくれたと僕は思っています。キャスト、スタッフの皆様、去年の今ごろは本当にありがとうございました!

今回の画像はPinkDの間のドラゴンとオルガン。何をしているところかは作品を見てのお楽しみということで。(鈴木豪)
Week:41 26.11.2006 at 03:53 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
「11月26日背景合成完了」

皆様お疲れ様です。この文章を打っている時点(25日)で残すカットは15ほどとなっています。メインで残っている箇所はクライマックスの戦闘シーンです。25〜26日にかけ残ったカットを処理します。最近は1日10カットのペースで進んでいたので無理ではない数字。そこで完了を宣言させていただきます。応援していただいた皆様、本当に本当にありがとうございます!どんなことがあろうと26日に合成を完了させます!

今後の予定は
  • 12月の頭に音楽の羽柴さんにminiDVを渡し音の作業に移ります。
  • それまでにつながっている状態の画を再確認、つながりの悪い部分などをカットごとに修正します。
  • 音作業の合間にさらに映像を(本編の尺を変えない範囲で)ブラッシュアップします。
となります。次回更新では少し掘り下げて合成作業全体の結果詳細をお伝えする予定です。

今回掲載の画像は写真1が面接室で教官ハラと対峙するマキナ。ハラはモニターを通してマキナと面談するのですが、この時ハラがいる場所はディスコのようです。写真2はドラゴンに瞬殺される兵士。制作の小山くんにそっくりです。本人かもしれません。(鈴木豪)
Week:40 19.11.2006 at 03:59 Comment(3) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。詳細は以下の通りです。
  1. PinkDの間の特殊効果以外の部分の完了および特殊効果部分の制作・・・特殊効果以外の部分が完了
  2. シーン37の背景合成完了・・・完了
  3. N地区CGの作りこみ・・・完了
  4. その他残っているシーンの着手・・・シーン40(オルガン・ドラゴンVSユカタン)を作成中
背景合成も残すシーンは2シーンとなりました。他シーンで残っているカットも数カットありますが、シーン40とクライマックスの合成の合間にこなしていく予定です。来週で何とかPinkDの背景合成も一区切りつきそうです。もちろん、それで終わりという訳ではなく、ブラッシュアップを重ね納得のいく形を目指します。今後の予定については次回更新でお知らせいたします。

今回掲載の画像はシーン40よりチャクラムに立ち向かうドラゴンたちです。(鈴木豪)
Week:39 13.11.2006 at 04:38 Comment(3) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。詳細は以下となります。
  1. シーン44の完了・・・完了
  2. PinkDの間の特殊効果以外の部分の完了・・・次週に持ち越しします。
  3. その他アクションシーンの背景合成・・・シーン37のマキナ救出シーンがあと2カットを残すのみ。
  4. N地区CGの作りこみ・・・テクスチャーの調整中。
今週はアクションシーンの合成に力を入れたためPinkDの間の作成は見合わせました。アクションシーンに関しては現在手がけているシーン37が完了すれば終了となります。全体的には残っているシーンはあと4シーンほど。もう一息です。

次回の課題は以下となります。

  1. PinkDの間の特殊効果以外の部分の完了および特殊効果部分の制作
  2. シーン37の背景合成完了
  3. N地区CGの作りこみ
  4. その他残っているシーンの着手
それでは、今回掲載の画像を解説します。まず写真1はPinkDの側近ローズ(葵)。ローズは常にPinkDの命令を幹部に伝える秘書で時に冷酷な判断を下します。そしてPinkDの行動をも監視する彼女の正体は・・・。写真2はエヌ地区のPinkDの城です。もう少し手を加える予定なのですが、カメラが移動するのでテクスチャーなどにも細心の注意を払わなければなりません。エヌ地区はエス地区と区別しやすいように寒色で統一します。(鈴木豪)
Week:38 05.11.2006 at 02:47 Comment(0) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。詳細は以下をお読み下さい。
  1. PinkDの間の特殊効果以外の部分の完了・・・少し遅れていますが次週はペースを取り戻そうと思います。
  2. シーン25の完了・・・完了。
  3. その他アクションシーンの背景合成にとりかかる・・・シーン44のハンガー対ドラゴンの背景合成に取り掛かりました。
今週はドラゴン対ハンガーの死闘のセットとなるホールの制作に多くの時間をつかうことになりました。ホールはN地区PinkDの城にありPinkDの間に進入するにはここを通るしかありません。そこでオルガンとドラゴンの前に立ちはだかるのが狂犬ハンガー(林祐介)です。ハンガーの鎌の攻撃をドラゴンは必死でかわします。ホールの造形は個人的にかなり気に入っています。奥の赤い階段がPinkDの間へと通じる階段。果たしてオルガン一行はこの階段を上ることができるのだろうか!

次週の課題は以下の通りです。
  1. シーン44の完了
  2. PinkDの間の特殊効果以外の部分の完了
  3. その他アクションシーンの背景合成
  4. N地区CGの作りこみ
以上です。

今回掲載の画像はシーン44の画像3枚。エッジに緑が残っている箇所もあるので再調整が必要かと思われます。(鈴木豪)
Week:37 29.10.2006 at 03:37 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。詳細は以下となります。
  1. PinkDの間の特殊効果以外の部分の完了・・・3分の2が完了。
  2. シーン19およびシーン25の完了・・・シーン19が完了。
  3. その他アクションシーン2箇所をできるかぎり進める・・・ドラゴン対ハンガーのシーンのマスク抜きが完了。
今週は課題の約半分をこなしたという結果になりました。もう少し進めたかったという欲もありますが、その辺は素直に鈴木の力不足ということなのでしょう。クライマックスのPinkDの間の合成は思ったよりグリーンバックの抜けがいいのでサクサク進んでいきそうです。抜けの良し悪しは直接的には照明の当たり具合によるのですが、クライマックスの撮影は終盤に行われたので、それまでに蓄積されたノウハが活かされたのだと思います。アクションシーンの合成はちょっとしたことでリズムが崩れてしまいます。華麗なアクションを最大限盛り上げることを肝に命じつつ、次週はより慎重に、より効率的に作業にのぞみます!

次週の課題は以下を予定しています。
  1. PinkDの間の特殊効果以外の部分の完了
  2. シーン25の完了
  3. その他アクションシーンの背景合成にとりかかる
今回掲載の画像はシーン19の調整の結果です。オルガンのアップをお題に検証してみます。写真1は修正前、写真2は修正後です。小さい写真では同じものに見えますが拡大するとその差はあきらかです。写真3はアゴの部分を拡大したもの。修正前の写真は全体的に緑がかっていて人物の輪郭も顔のラインに沿っていないもこもこした部分があります。修正後の写真は色あいを修正し、輪郭もシャープになっています。大きなモニターで確認すると、この違いは劇的です。(鈴木豪)
Week:36 21.10.2006 at 23:44 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。詳細は以下の通りとなります。
  1. PinkDの間の背景合成に着手・・・PinkDの間のCGが完成したので人物をはめこみ始めました(現在2カット完了)
  2. S地区でのアクションシーンに伴う背景制作作業と合成・・・シーン19をいったん修正中。
今週はいよいよクライマックスの背景合成に着手し始めました。まだ始まったばかりなので人物と背景の違和感がないか試行錯誤を繰り返しています。ポイントをつかんだらその勢いを活かしてダッシュです。アクションシーンの合成は少しずれこんでいます。先日、シーン19(オルガンVS兵士のアクション)をつないだものを流して見たところ、エッジの荒い部分が多かったので再調整をすることにしました。シーン25も少し色調が暗かったので再度調整します。

次週は以下の項目を目標とします。少し内容としては多めなのですが、ここは少し無理をしてでもこなしたいと思います!
  1. PinkDの間の特殊効果以外の部分の完了
  2. シーン19およびシーン25の完了
  3. その他アクションシーン2箇所をできるかぎり進める
今回掲載の画像はクライマックスのPinkDの間より2カット。写真1はオルガンたちの頭上に現れる巨大な顔、その目のどアップ。爬虫類の目です。写真2はPinkDに突進するオルガンとドラゴン。二人の後ろにうっすらと見える街の夜景は縦1400x横1700のバカでかい画像をテクスチャーしたもの。この大きさで、やっとのことノイズを軽減できました。(鈴木豪)
Week:35 15.10.2006 at 03:22 Comment(3) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。詳細は以下の通りです。
  1. シーン25のアクションシーン調整の完了。・・・完了。
  2. PinkDの間の背景合成に着手。・・・今週は間に合わず。来週より開始。
  3. シーン19の背景合成・・・あと4カットを残すのみ。
  4. その他作業・・・アクションシーンと大掛かりな合成部分以外の背景合成は完了。
さて、合成作業も節目を迎え、今回は現在の進捗状況をビジュアルでお伝えしようと思います。掲載の画像は編集ソフト上の映画全体のタイムラインです。これで上映時間にすると1時間30分弱のラインです。このライン上のカットは実際に人物を入れて撮影したものが中心です。ここにCG風景のみのカットを加えるともう数分尺が延びます。矢印で示した枠内の赤いライン(見にくくてすみません!)は合成がほぼ完了したカットであることを示します。ライン全体を眺めてみると山場になるシーンを除いてほぼ作業が完了したことになります。よって来週からはいよいよ特撮の制作に入ります。残るアクションシーン3箇所も10月中の完了を目指し作業を進行いたします。

次週の課題は以下に記述します。
  1. PinkDの間の背景合成に着手。
  2. S地区でのアクションシーンに伴う背景制作作業と合成。
来週からは気分一新で改めて宜しくお願いいたします。(鈴木豪)
Week:34 08.10.2006 at 00:50 Comment(3) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。詳細は以下に記述します。
  1. シーン25のアクションシーン合成を引き続き調整。・・・引き続き調整中。
  2. PinkDの間を引き続き作成。・・・ガラスの質感を外景が映えるよう調整しています。
  3. その他アクションシーンのマスク作成。・・・シーン19のマスク抜き完了。20カットほどの背景合成が完了しました。
  4. その他作業・・・シーン4(マキナが更正施設の教官のもとに向かうシーン)の背景合成が完了。
今回はシーン19に力を入れました。
シーン19はオルガンの瞬殺アクションが炸裂するシーン。序盤の目玉でもあります。引き画は人物が複雑な動きをするため合成にはもう一週はかかりそうです。そこで完了カットを増やすために余裕のある時間を使ってシーン4を合成しました。シーン4はヨリ画が多いので比較的スムーズに進みました。シーン35のオルガン、ドラゴンの会話シーンもヨリが多いので来週はこのあたりにも取り組もうと思います。完了カットもだいぶ増えてきたので次回のワーキングレポートでは今一度作業全体を振り返ってみようと思います。

次週は以下の課題で作業を進めていく予定です。
  1. シーン25のアクションシーン調整の完了。
  2. PinkDの間の背景合成に着手。
  3. 引き続きシーン19の背景合成(重要なシーンなので出来次第でもう少し引っ張るかもしれません。)
  4. その他作業(マキナがらみで短時間で出来そうなカットがいくつかあるので時間をみて作業を進めます。)
今回掲載の画像はシーン19からの2枚。颯爽と現れたオルガンは兵士たちを軽々とノックアウトしてしまいます。ヒーローの決めは高い所というのが定番。そこで階段の上に立って頂きました。(鈴木豪)
Week:33 01.10.2006 at 03:44 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。詳細は以下をご参照ください。
  1. シーン25のアクションシーン合成を引き続き調整。・・・引き続き調整中
  2. PinkDの間を引き続き作成。・・・大体の形は出来上がり、質感の調整などをしています。
  3. その他アクションシーンのマスク作成。・・・シーン19のマスク抜きをしています。


次週も引き続き上記の課題に取り組みます。シーン19のアクションシーンの背景合成は完了できるかもしれません。

今回掲載の画像は前回図面を載せた「PinkDの間」の制作途中の写真です。十字の吊り橋の中央にPinkDが立ち、そこに向かってオルガンたちが走ってきます。周りのガラスの壁には外の夜景を合成します。今は仮でビルの実景を拡大合成しています。あまり小さい風景画像を使うと端が切れてしまいますし、画像を引き伸ばせば写真にノイズが出てしまいます。ちょっと工夫が必要のようです。(鈴木豪)
Week:32 29.09.2006 at 00:13 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
PinkD
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。とにかく合成の数をこなすことに力を入れました。特殊効果が入る予定のカットは90%程度まで仕上げて、特殊効果作業の際に100%仕上げることにします。今回の作業詳細は以下になります。
  1. シーン1の合成作業完了・・・シーン1完了、特殊効果が入りそうなカットは色合い未調整。
  2. シーン5の合成作業完了・・・完了。特殊効果が入るカットは後日調整。
  3. シーン25(ドラゴンとオルガンの戦い)の合成シーンを少なくとも5カットは消化・・・全カットが90%完成。現在色合いの調整中。
  4. PinkDの間作成に着手・・・予定通り着手。
  5. その他、シーン37、43がほぼ完了。
予定を大幅に上回り40カットほどを消化しました。少しずつ最後の山が見えてきました。

次回の課題は以下の通りです。
  1. シーン25のアクションシーン合成を引き続き調整。
  2. PinkDの間を引き続き作成。
  3. その他アクションシーンのマスク作成。
9月もあと一週間、有効に作業を進めていきたいと思います!

さて、今週掲載の画像ですが、写真1は現在制作中のPinkDの間の上からの図。PinkDの間はクライマックスの決戦に登場する場所。多面体からなっていて壁は全てガラス張りです。中心にはPinkDが立ちはだかり、中心には吊り橋からしか行けないようになっています。吊り橋のモチーフには大ムカデを用いています。人が上を歩いたときムカデがくねるような動きをさせたいんですが、難しそうだなあ。まずはチャレンジですね。

最終決戦の場なので、今ままでの背景と差異をつけてアンバランスな重心のデザインを考えています。写真2と写真3はシーン37の巨大リフト内部でもめるオルガン、ドラゴン、マキナ。最終決戦に向けてオルガンとドラゴンはリフトに乗り込むのですが、マキナもどさくさにまぎれて乗り込んでしまったという図です。役者さんたちが非常にコミカルな動きを見せる僕も大好きなシーンです。(鈴木豪)
Week:31 16.09.2006 at 22:24 Comment(1) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
PinkD
皆様お疲れ様です。

今週の進捗をお伝えします。今回は予定通り20カット強を消化することができました。詳細は以下の通りです。
  1. サロンを背景としたシーン1の作成開始・・・(ほぼ完了。残すは3カット)
  2. 巨大リフト完成およびリフトが背景になるシーン5の作成開始・・・(背景合成はほぼ完了、人物と背景の遠近感の調整中。)
来週に向けての課題は以下です。
  1. シーン1の合成作業完了
  2. シーン5の合成作業完了
  3. シーン25(ドラゴンとオルガンの戦い)の合成シーンを少なくとも5カットは消化
  4. PinkDの間作成に着手

4つの課題がクリアできるよう来週もベストをつくします!

今回掲載の画像は巨大リフト内の写真です。床面は水族館のようにガラス張りになっています。ハンドルにつかまっているのはマキナ(藤井直子)。周囲に張り巡らされた銀色の柱は自由な形に変化します。開いたり、閉じたり、曲がったり、伸びたりetc。リフトのシーンは結構面白い演出になると思います。(鈴木豪)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。