Week:10 25.04.2006 at 00:14 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
皆様お疲れさまです!

毎回、レポートをご覧頂きありがとうございます。今回はそろそろテスト合成(雰囲気を見るための仮合成のこと)の画像を掲載します。

test0422.png写真は中村裕美さん演じるナデが刺客に襲われるシーン。人物はグリーンバックで撮影、背景は昨年のロケハン時の写真を組み合わせ加工したものです。屋外シーンはこの手法で作成していく予定です。

それでは4月22日までの進捗状況をお知らせ致します。シーン別背景リストはほぼ完成です。これを元に背景撮影の方針を決めて行きます。編集については兵士、ユカタンとの戦闘シーン、ラストバトルをテンポアップしました。これで現時点でのブラッシュアップは一区切りつきました。いよいよ来週から背景の素材集めを始めていき
ます。詳細は次回のレポートでお知らせします!
Week:09 16.04.2006 at 19:45 Comment(5) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
hungerdragon.png皆様お疲れ様です。ブログに対して多くのリアクションを頂きとても嬉しい気持ちで更新をしております。元々は國司のアイディアで始めたこの制作日誌ですが、思いもよらぬところから励ましの言葉を頂く度に、制作過程を日々発信することの重要性に気づかされます。

locationlist.png

さて、今回はハンガー対ドラゴンのシーン編集と背景リストのブラッシュアップ作業を進めました。ハンガーのシーンは1対1のバトルシーンとしてクライマックスに向け大きな比重を占めています。より派手によりタイトにつないでみました!次週のToDoは今回の延長でアクションシーンの再度見直しと背景リストに具体的なイメージの書き込みをしていく予定です。
Week:08 09.04.2006 at 00:35 Comment(3) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
bomb.jpg『PinkD』に関わってくれた皆様、そしてこの映画に興味を持ってくれた皆様、毎回拙文にお付き合い頂きありがとうございます。今週の進捗はシーン別の合成背景リストを分かりやすくまとめました。まだ準備段階なので追加撮影がスムーズに進むようさらにリストを磨きます。来週は狂犬ハンガー登場シーンの再編集にも遂に着手いたします!

今回の『PinkD』の裏側は全編に渡って登場する爆発シーンの仕組みを解説します。敵幹部Wappa'o'showが爆発するシーンを抜粋してみました。

とてもリアルな痛みを表現した見事なシーンです。写真は解説用に作った物なので実際にはもっと電光バリバリの派手な映像になる予定!

人物+爆発+背景が基本なのですが、人物と背景に対して爆発によって起こる光の反射などをどれだけ表現できるかがキモです。
Week:07 03.04.2006 at 01:54 Comment(0) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
皆様お疲れ様です!先週の進捗状況をお知らせいたします。今回は4月後半に来る大きな展開に向けての下準備といった所です。

先ず「小山の会」開催時に荒編に対して頂いたご意見を元に一部修正を行いました。
  • オルガン組VSユカタンをタイトに!
  • ラストシーンの風景映像を減らした
次にシーンごとの場所リスト作成は終了ですが、より見やすく今週中にブラッシュアップします。さて、今回のピンクDの裏側は CG についてです。趣向を変えてドラゴンの気持ちになって進めます。
Render width=
ドラゴン「突破!! 俺はドラゴン。名うての拳士・・・今日こそピンクDの正体を解き明かす!

ピンクDの世界を作る鈴木とやらは主に Blender というソフトで制作をしているらしい。オランダ製の Li・・・何とかベースのソフトらしいが、柔らかくも固くもない奇妙なものだ。

ソフトって何だ!打打打!

とにかく、それで”1”のように三角やら四角やらを作ってレンダリングというボタンを押すと”2”のような絵が数十秒で完成。全くおめでたい仕事ぶりだ。

めでたいと言えばオルガンのやつ・・・また消えおった。奴には飯を奢らせなければ!喝ぁっっつ!」

・・・拙文にお付き合い頂きありがとうございました。
Week:06 26.03.2006 at 01:18 Comment(1) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
gazougousei.jpg皆様お疲れ様です!

実は今週はPinkD編集部分は動きがありません。今、やっているのはシーンごとの想定される背景のリスト作り。これは来週頭には終わります。続いてスタッフ間で荒編を見た上で追撮に関して動くつもりです。そのためここ2週間は映画「PinkD」がいかに作られていくか簡単に紹介させていただきます。

現時点ではS地区の風景は実際の風景コラージュ、ピンクDの根城など現実になさそうなものはCGという分け方で進めています。

撮影時はグリーンバックで撮影したのは色の差で背景を透明にするためです。そして人物の画と背景の画を合成し、出来上がりです。上手く抜けてますか?これは鈴木・國司がロケハンの時に撮った背景写真とのテスト合成。モデルはイケメン俳優です。
Week:05 19.03.2006 at 00:34 Comment(5) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
お疲れ様です。

今春はいろいろとめでたいことが続きまして、「PinkD」も負けてられないなと思う今日この頃。今週は荒編終了後、数回見直した上で、アクションシーンの微調整をしました。プロレス、太極拳、座禅、全部入っていますよ!音楽の羽柴さんにはテープをお渡ししました。打ち合わせは4月になりそうです。

■ 追撮に関して・・・
人物がらみでは落としはありませんでしたが、
  • ユカタンのパックが宙を舞う。
  • ナイフ妹のベルトから抜かれるナイフ(クローズアップのため人物不要)
の2カットは要追撮です。S地区の背景撮影と合わせ近日中に行います。

■ さらに一箇所関係者の皆さんのご意見をお聞きしたいシーンがあります。

当初シーン50になる予定だった最終決戦後のオルガンとドラゴンが「おごってよ・・・」「お前がおごれよ」と言いつつ去っていくシーンを覚えておいでですか?

撮影はしたものの最終シナリオ上ではカットされました。今は出撃前に座禅するドラゴンの煩悩のシーンとして使っていますが、分かりづらいので削るつもりです。リサイクル案がありましたらどしどしご応募くださいませ。

【重要】爆笑アイディアを出した方には鈴木がおごります。(鈴木豪)
Week:04 11.03.2006 at 23:44 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
お疲れ様です。
関係者の皆さま大変長らくお待たせいたしました。

本日『PinkD』荒編が完了いたしました。

CGなどを除く実写部分のみで、1時間23分程となります。
ここに合成ショットを足すことで1時間30分前後の尺になります。
完了とは言ってもいささかタイトな尺かもしれません。
何度か見返した後、微調整いたします。

来週には音楽の羽柴さんに荒編テープをお渡しします。(鈴木豪)
2006.03.10
Week:03 05.03.2006 at 01:07 Comment(2) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
今週の作業進捗状況を報告させていただきます。

荒編は予定の2時間尺より前倒しで1時間50分の尺になっています。来週末が荒編の締切日に
なっていますが1時間30分台までブラッシュアップした段階を荒編完了と考えています。その後皆さんの意見を取り入れつつ本編に向けての調整をさせていただきたいと思います。

まずは荒編完了後の翌週、追撮に必要なショットをリスト化して報告いたします。

それではご確認宜しくお願いいたします。(鈴木豪)
Week:02 25.02.2006 at 02:13 Comment(0) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
今週の進捗状況を報告させていただきます。

今週はキャプチャー(映像をPCに取り込む)を中心の作業になりました。途中、機材トラブルで中断したものの無事終了。今のところPCにとりこんだ映像をシーン順に並べる作業を進めています。

涙なしには見られないあのシーン、そしてアクション、笑い。月曜日には本格的に荒編集に入ります。これらの最高の素材を2時間以内に凝縮することを来週土曜日までの目標に設定させていただきます。(鈴木豪)
Week.01 18.02.2006 at 00:20 Comment(0) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
今週の作業進捗を報告いたします。

キャプチャーシートが完成しましたので、それに沿ってキャプチャーを進めています。
カット総数は約700カットです。

現在、Roll4 をキャプチャー中。1日1〜3ロールのペースで進めますので最低でも来週金曜あたりから荒編に入れそうです

編集に入ったら、報告できる事柄も増えてくると思います。(鈴木豪)
Week:00 11.02.2006 at 16:30 Comment(3) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
前略

大変お待たせいたしました。作業が滞っておりました PinkD ですが、鈴木豪が戦列復帰と相成りまして、晴れて本格的な編集に入ります。まずは國司より、鈴木豪に編集作業の開始を依頼、同時に実作業から割り出されるスケジュールを提出してもらいました。以下、鈴木豪のメールより抜粋です。

PinkD編集作業スケジュール

7月試写を想定したスケジュールです。まだ鈴木の頭の中での話なので、甘い部分、勝手な部分
が多々あると思いますが、夏前の完成を目指した
場合、このスケジュールが妥当かと思います。

■ 荒編・背景イメージ固め(〜3月31日)
3月前半までCGスタッフ選定の時間をください。
荒編は3月第2週末に完了の予定で進めています。
その上でCGに必要な要素(背景の奥行き)など判明します。
この段階で実写背景など追撮が必要な分を割り出します。
4月頭までに追撮を考えています。

■ 合成作業(〜5月31日)
4〜5月末にかけて行う予定ですが、
この辺りのスケジュールは荒編終了の時点で
合成の実作業だけは鈴木に任せてください。

■ 本編集・音入れ(〜6月30日)
7月には完成品を関係者の皆さまにお見せできるよう
努力いたします。

それに伴い劇伴を6月末までには本編に
合わせられる状況にしておきたいので、
3月の時点で荒編を観ていただき、羽柴さん(作曲家)と
可能なこと、可能でないことをディスカッションします。


編集・合成の実作業は鈴木豪本人の強い希望によりまして、鈴木豪個人が担当いたします。國司は総合監修、HP作成のみにまわりますので、鈴木豪の負担が非常に大きくなります。

これからの PinkD は鈴木豪の情熱に託されます。本気になった彼の実力ならば、納得行く成果を叩き出すはず。ここは一発ヤツに賭けてみませんか!

乞う期待・・・!(國司和宏)
Preceding:02 15.12.2005 at 15:10 Comment(1) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
先日12/14はロール4〜8のテイク選出を完了しました。

051120-01.png改めて見返すと、11/20(日)に撮影した、主人公ドクター・オルガン(山口喬司さん)が兵士3人をぶっ飛ばすシークエンスは凄い迫力!現場のテンション、勢いそのままの出来映えです。殺陣のスピードもさることながら、喬司さんの本物の拳法は説得力抜群、兵士達の受けっぷりにも注目です(吹っ飛ばされるスタンバイの高いジャンプは秀逸!)。國司がカメラをまわしていたのですが、ちょっとした裏話。

今作PinkDという映画はCG合成を念頭に置いています。撮影においては、スタジオ内の壁に横幅6m程のグリーンの布を吊り、その前で役者さんに演技してもらったんです。6m程度だと、撮影に凄まじい制約がつきます。ほとんどカメラを動かせない。アクションするにもグリーンの範囲内でしか動けない。それにCG処理の技術面からPan,Tilt,Zoomは御法度なんだそうです。

今思えば、グリーンをスタジオ全体に張り巡らせば、撮影範囲も広がったと思うのですが・・・なぜそんな自明の理に気が付かなかったのか?悲しいかな、俺には豊富な撮影経験も、そして相当な量になるであろうグリーン搬入のための資金もないからですね!

おまけに当日、足下用のグリーンが見つからなかったんです。つまり全身は映せない!結果、カメラは据え置き状態。さらに、このシーンで予定していた役者さんの都合が合わず、急遽代役を立てての撮影に。兵士役の役者さんには、こちらの都合で前日オファーだったはずです・・・鶴岡さん、心からありがとうございました!

ほとんど Improvisation の格闘シーンでした。自主ではそうそう出会わないシチュエーションですよね。俺も撮影前日の深夜にシナリオを急遽変更して持参しました。極限の画角内で「1対3」の格闘シーン!現場では兵士役の役者さん2人だけだったのですが、「兵士がもうひとり必要だから!」と言い張って、助監督・制作で作品を動かしてくれた小山恒二くん(本当は凄腕の監督さん)にお願いしました・・・「嫌だ!」と言いながらも、この状態を想定して衣装を持参していてくれた小山くん、凄いぞ!

そして生まれたスタンバイという第三の兵士。名前は小山くんが撮影時に出す「かけ声」に由来するらしいです(命名:喬司さん)。殺陣の内容はというと・・・3人の兵士に取り囲まれたオルガンが、鉄球とナタで襲い来る兵士兄弟を回し蹴りと裏拳の連続技でぶっ飛ばし、リーダー格のスタンバイのムチ攻撃を絡め取って、そのまま一本背負い、そして倒れた相手の急所へトドメの正拳!

この一連の殺陣を即興で構築した喬司さんに盛大な拍手!みんなの情熱なくしては実現しなかったシーン。厳しい状態の撮影でしたが、あがってみれば大満足です。(國司和宏)
Preceding:01 12.12.2005 at 21:28 Comment(5) | TrackBack(0) | Editing Add Comment
編集初日PinkDのロール1〜3のチェック終了。

各シーンのOKテイクを選出する作業です。今回は長編のため必須となる作業、はさみを握る手にも自然と力がこもります!

続いて細切れのシーンをノリでペタペタ結合します。う〜ん編集っておもしれー!この調子でガンガンつないでいくぞ。(鈴木豪)

というワケではじまりました「PinkD編集日記」です。このBlogの目的は:

編集作業の進捗状況をBlog形式で公開することで、自分たちの作業を可能な限り周知の監視下に置き、自分たちに圧力をかける。

5年後に完成見込み・・・とか、次回作撮り始めました・・・は絶対NG!ダラダラ作業せず、ガッチリ仕上げたい意向です。Blog自体の構成は未だβ版てところですが、長編映画PinkD完成へ向けての歩みを、みなさまよろしくお願い致します。(國司和宏)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。